美容室はお客様本位になってきました

美容室はお客様本位になってきました

以前は美容室というのは、非常に敷居が高く、自分に自信のある人しか通えない場所でした。美容師は絶対的存在で、まず「今日はどのように?」と訊かれて「カットして下さい」では通用しませんでした。どこをどのように、芸能人で言うと誰風に、そこまできちんと説明できないと、「ちゃんとした自分のイメージも持たないで来たの?」と突っ込まれてしまうこともありました。

 

 

 

しかし最近では美容室のイメージはガラリと変わりました。まずスタッフがとても感じがいいことです。次に自分がどのようなヘアスタイルにしたらよいか分からない場合、アドバイスしてくれることです。その為には多少細かく仕事や趣味のことを訊かれても仕方ありませんが、とにかく美容師がお客のことを理解しようとする姿勢が見られるようになったのは良いことだと思います。

 

 

 

また、最近では美容室の予約が取りにくいということもあまりなくなりました。美容室が増えて、顧客獲得の為にサービスを向上させるためには、当たり前のことをしていてはいけないのでしょう。美容師は技術が一番、その違いは素人にも分かります。あとは何が一番大切なのか、それはあくまでお客様本位ということです。んな美容室だけが生き残れる時代になったということでしょう。